現在取り組み中の調査

第19回企業型確定拠出年金に関する調査

これまで過去18回にわたって定点調査として実施しております。

調査結果につきましては、当該制度導入企業をはじめ運営管理機関や各省庁(厚生労働省・金融庁・企業年金連合会など)と共有し、よりよい制度運営や効果的な投資教育実施などを検討する材料としております。

確定拠出年金の運営を行う担当者様にお役立ちいただけるよう、担当者連絡会などを通じて結果を積極的に情報発信してまいります。

調査の概略
 決まり次第、ご協力のお願いをいたします。

新入社員のお金に関する意識調査

5年以上続く定点調査として実施しております。

社会が迎えるこれからの世代に対し、どのような金融リテラシー教育が有効かを検討する材料としております。

人事担当者様においてもコミュニケーションのお役立ちいただける調査です。

調査の概略
 現在、回収中です。

確定拠出年金加入企業担当者・経営者インタビュー

 一般社団法人 確定拠出年金・調査広報研究所では、多角的に確定拠出年金を取り巻く環境と課題を調査するため、確定拠出年金加入企業の担当者及び経営者の方々へ常時インタビューを行っております。
 当インタビューは、制度運営の現状及びDC導入企業の抱える課題、悩みは何か、運営管理機関を始めとする外部機関とどのような連携をとるべきか、などを把握して、課題改善に向けての示唆を得るために実施するものです。

インタビュー例
 お問い合わせへのご説明を経て、ご支援・ご協力のお申し出があった場合、又はDC広研よりの依頼をご承諾頂けた場合、追ってインタビュー日程を決定。
インタビュー内容を事前にメールにて送付させていただきます。
 ご協力いただける範囲で構いませんので、より正確な数字などをお伺いできれば幸いです。
インタビュー方法:対面またはオンライン(Zoomなど)
インタビュー時間:60分~90分

【インタビュー内容】
・導入のきっかけや背景
・導入にあたって行った施策
・継続教育の取り組みに対する課題
・運用商品の選定基準
・選択制か否か
・社内アンケートなど調査の有無
               等
 その他、確定拠出年金について知りたいこと(運用商品のトレンド)などDC広研への質問も受け付けております。